大阪「福島」の精神科・大人の発達障害なら「やまぐち大人の発達クリニック」へ。当院はJR線「海老江」駅、阪神「野田」駅、千日前線「野田阪神」駅、各駅徒歩約2分の所にございます。「大人の発達障害」を専門に扱うクリニックです。

大学生の発達障害(ADHD、ASD)

大学生の発達障害(ADHD、ASD)

大学生活は高校生までと大きく異なります。カリキュラムを組む、サークルや部活、アルバイトなど高校までと比べると自由度が格段に上がります。発達障害の特性を持つ人たちにとって、この「自由」というものは時に生きにくさにつながる場合があります。ADHD、ASDそれぞれのケースを紹介してみようと思います。
ADHD、ASDについてはこちら

大学生のADHD

高校までと比べてあまり出席についてうるさく言われなくなり遅刻が多くなります。一方で「5回欠席したら単位は取れない」というような授業も多く、気づけば単位を落とすということが起きます。
また期限の決まっている課題になかなか取り掛かることが出来ない、取り掛かっても最後まで仕上げられない、結果期限に間に合わず単位を落とす、といったこともよくあります。
人間関係もサークルや部活、アルバイトと幅が広がります。ついついスケジュールを詰め込みすぎてダブルブッキングになることが出てきたり、夜更かしすることで昼夜逆転となり朝の授業に行けないことが出てきます。またダブルブッキングからドタキャンを繰り返し、悪気はないのに時間にルーズだと思われるようになり人間関係がこじれることもあります。

大学生活を機に一人暮らしを始める人も多いと思います。それまでは家族がそれとなく手助けしてくれていたことがなくなるため、家を出る時に財布や鍵、携帯電話を持って行き忘れて取りに帰ることが増えることがあります。
部屋の片付けが出来ず、徐々にゴミが溜まりゴミ屋敷のようになることもあります。このような環境では落ち着いて暮らすことが出来ず、より昼夜逆転がひどくなったり、朝起きれなくなり授業に参加できなくなる・・・気づけば留年しているといったケースも珍しくありません。
最悪の場合、大学生活を続けることが出来ず中退するケースもあります。

このような人が全てADHDというわけではありませんが、注意しているのに遅刻がなくならない、課題が間に合わない、集中できない、スケジュール管理ができない、ダブルブッキングが多発する、単位を落とす、留年してしまったなど当てはまることが多い場合は一度受診を検討して良いかもしれません。
早めに診断がつき適切な環境調整や治療が行われることで生活を立て直し、無事に大学を卒業できた、というケースも数多くあります。

大学生のASD

作成中

クリニック情報

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

当院は完全予約制となります

休診日水曜、土曜、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒553-0001
大阪市福島区海老江7丁目2-43 9F

JR東西線「海老江」駅徒歩約2分 阪神本線「野田」駅徒歩約2分 地下鉄千日前線「野田阪神」駅徒歩約2分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6225-8082

来院方法はこちら

初回診療予約はこちら>>
PAGETOP
Copyright © 2018 やまぐち大人の発達クリニック All Rights Reserved.